インプラントの外科手術で実施する治療方法とは?

インプラントには外科手術が必要!二回法と一回法について把握する

種類を把握する!2ピースタイプと1ピースタイプの違い

2ピースタイプ

人工歯を結ぶためにあるアバットメントと呼ばれる部分と人工歯根(インプラント)がネジで連結したものが「2ピースタイプ」です。一回法と二回法の両方に対応しているでしょう。

1ピースタイプ

一方で「1ピースタイプ」はアバットメントと人工歯根が1つになっているタイプのことを指しています。主に一回法に使用されるでしょう。強度が高いという特徴を持っています。

インプラントの外科手術で実施する治療方法とは?

インプラント

二回法

千葉にある歯科医院などでインプラントを実施する場合は、歯茎を切開していく外科的手術をしていきます。まず紹介するのは外科手術を2回受けていく「二回法」と呼ばれる治療法です。1回目の手術で顎の骨に人工歯根を埋め込んで、2回目の手術で埋め込んだ人工歯根にアバットメントを連結させていくでしょう。

一回法

次は「一回法」です。一回法ではその名の通り、手術歯1回しか行いません。1回の手術で人工歯根を埋め込みからアバットメントの連結までをしていきます。1回しか手術をしないので患者の負担は軽くなります。なるべく手術を控えたいという方は、この一回法が適していると言えます。

それぞれの違いを把握すること!

インプラントは構造や治療方法によって色々と違いがあります。それぞれメリットやデメリットがあるので、それをきちんと理解してから自分に適した方法を選択していくと良いでしょう。

広告募集中