ウーマン

給湯器を直す前に専門業者の評判を調べよう

給湯器

住宅設備の修理方法

給湯器は耐用年数があるものですから、故障した場合には、修理をすべきか交換をすべきかを考える必要があります。修理しても、数年後には交換する可能性もあるからです。いずれにしても、まずは専門業者を呼んで見積りをしてもらうことが大切です。

一軒家

温かなお湯で快適な家事を

ガス給湯器は寒くなるにつれ需要が多くなる機器です。冷たい水では辛い家事がガス給湯器により格段に楽になります。機器も取扱説明書を読んで正しく使うことにより安全に使うことができます。またガス給湯器の特徴を知り、生活のどこで使うかを工夫することによって快適な生活を送ることを可能にしてくれます。

一戸建て

安心してお湯を使う

給湯器交換工事を依頼する業者を選ぶ際には「顧客に対する対応の丁寧さ」を基準にして選ぶと良いです。給湯器を交換するか、修理するかの判断で迷う場合は、使用年数から判断しましょう。10年以上使用しているものは交換した方が良いです。

快適な生活に必要

男性二人

住環境にあわせて

空気熱が評判となる給湯器をはじめ、ハイブリッドなど、時代や家庭ニーズにあわせて様々なメーカーから製品が誕生しています。中でも節約が意識されており、省エネタイプは人気を集めています。電気によるヒートポンプとガスの高効率など、様々な利点があるのはエコジョーズタイプで、地球環境に貢献できる感覚から評判です。リモコンで水やガスの節約状況を確認できたり、インターホン機能でキッチンと浴室の異なる空間で会話を楽しむことも可能で、ファミリー向けに評判のタイプです。近年、住環境がタイト・コンパクトになりつつあるため、軽量で壁掛けが人気を集めています。捨てていた排熱を利用し、給湯もお湯炊きも行うことでガスエネルギーも無駄なく使えます。ガス使用料金も抑えることができ、工事を含めた初期費用がネックでも、家計にも優しい給湯器は評判を集めています。

コストを抑えられるテク

給湯器にも寿命があり、交換の際には機種や設置場所によって一概に言えないものの、相場はガス給湯器に工事費を含む場合には10万円程度です。省エネで評判のエコジョーズなどの場合、100万円程度の負担が掛かります。ですが、精密機械でもあるため、取付工事費の作業には吸水や給湯結び・リモコン結替費などから点火試験まで、徹底した品質チェックが行われます。設置場所も、風呂給湯器では風呂釜の位置問わずに設置できる屋外据え置き・壁掛け・室内壁掛けなどに分けることができます。従来から導入されているガス給湯器はコンパクトで、燃焼時の匂いや音なども気にならず、燃料切れの心配がいらないのが特徴です。ランニングコストを抑えたい場合、給湯の熱効率が良い分、自動でのお湯張りが適しています。また、使用する時間帯を集中させることで再加熱しなくても使用できます。その他、設定温度や出湯量を抑えるなど、現在使用している給湯器でもムダを無くし、節約も可能です。